AGAの治療をしてコンプレックスや悩みを解消することが可能

男性

薄毛の原因とは

男の人

男性の薄毛

薄毛は毛が薄くなることで、単に薄毛といえば髪の毛が薄くなった状態を指します。薄毛は男女ともに現れる現状ですが、特に男性の場合には加齢によってそれが顕著に現れます。この理由としてはホルモンの働きが大きく影響しており、男性ホルモンが増えることで頭頂部の発毛サイクルが乱れ、正面の生え際が後退したり、頭頂部から毛が薄くなっていきます。これら男性ホルモンが原因で発症する薄毛は、男性型脱毛症であり、AGAと呼ばれます。一方で、AGAでは男性ホルモンが影響していることがすでにわかっているため、それに対応するための治療法も確立しており、クリニックでの治療を受けることが可能です。ただし男性ホルモン以外の理由でも薄毛になるため治療を受けるさいには原因をしっかりと確かめておく必要があります。

AGA治療の方法は頭皮に直接アプローチするものと、内側からアプローチするものの2種類があります。頭皮に直接アプローチするものとしては、有効成分のミノキシジルが知られています。ミノキシジルは血管拡張作用があり頭皮に塗ることで血行を良くして毛根細胞を活性化して発毛を促す効果があります。一方で、内側からアプローチするものとしては有効成分フィナステリドがあります。こちらは男性ホルモンを抑制する作用があり薄毛の原因であるホルモンの発生を抑える効果があります。ミノキシジルと異なり発毛する作用はありませんが、薄毛の原因を取り除くことで発毛効果を得ることができます。AGAでは、これらの薬を使って治療が行われますが自由診療であるため医療費は全額負担になります。